イメージ画像

生命保険に何故入るのか?

「生命保険」は、国内の世帯のうち90%以上もの人が加入していると言われています。しかし、実際のところあまり内容がわからない状態で勧められたから、とりあえず入っておかないと不安だからと、自分が入っている生命保険の保障内容がどのようなものであるのか、生命保険に何故入っているのかさえわかってない人もおられるのが現実じゃないでしょうか。

そもそも生命保険とは、病気やけが、死亡など万が一のことが起こってしまったときに備えた保険です。世間では生命保険の加入目的として、医療費や入院費のため、万が一のときの家族の生活保障のため、葬式の費用のため、災害、交通事故などに備えるため、と考えられているようです。「生命保険」それは自分だけでなく家族を守るための大切な備えなのです。

生命保険を選ぶ前に・・・

現実、日本にはたくさんの生命保険があります。 その生命保険によって、いろいろな保障も違いますし、もちろん金額もさまざま。選ぶのに悩むのもあたりまえです。 これから加入する人も、見直す人も、生命保険を選ぶ際、皆さんが気になっていることは、「保障はしっかりしてほしいが、保険料を少しでも安くしたい」「この保険で本当にいいの?」「自分にはどういう保険があっているのかわからない」などで選ぶのに悩んでいる方が多いはず。

生命保険の保障には、万が一の場合の死亡保障や、病気やけがの入院費用や治療費用などの保障、子供の教育資金や老後の生活資金といった保障があり人それぞれ必要な保障であるのか違います。また、自分は家族の大黒柱なのか、女性なのか、独身なのかなどそういった立場の違いでも必要な保障が変わってきます。
そういった保障を家族構成や、将来の生活設計などから、自分にとって必要な保障なのかどうかということを、生命保険を選ぶ前に把握することが必要です。

それはわかっているけれども、それを自分で資料を集めいろいろ調べて比較するのも大変と思った人もいますよね。そうなると面倒でもういいやとつい適当な生命保険に入ってしまいがち。きっと今までそうだったから悩んでおられるんでしょう。 そんな人には最近では、生命保険の無料相談所などもありますので保険のプロに相談して、アドバイスをもらって見直し、選ぶのもひとつの方法だと思います。

どのような方法にしろ、生命保険を選ぶ際には、とりあえず自分のライフスタイルにあった保障や保険料を理解することが必要だということです。そして理解したうえで気になる生命保険を比較し、選ぶのがよいでしょう。

生命保険選び方について

保険のいろいろ

保険といえば、いろいろな保険がありますね。 私たちに身近な保険といえば、生命保険、自動車保険、海外旅行保険、火災保険、傷害保険、などたくさんあります。 またそれらの保険についても詳しく説明していきたいと思います。

このページの先頭へ