イメージ画像

夫婦(子供なし)生命保険の選び方

夫婦になると、自分のための保障だけでなく、家族のことを第一に考えた保障が必要になります。生命保険は若くて健康なうちに必要な準備をしておくのが賢明です。人は、年齢を重ねていくにつれ、病気やケガをしやすくなったり、健康状態を維持することが難しくなってきたりします。また、過去の病歴や入院歴、現在の健康状態などによって生命保険に加入できない場合もありますので、身体が健康なうちに必要な保障については準備しておくことも大切です。

男性は、もしものときに残された妻のために、死亡保障を用意しておくのは常識だといえます。もちろん突然の病気やけがによる入院保障も備えておくことが必要です。 準備する保障は夫婦の働き方や持ち家があるかどうかなどによっても変わってきます。 共働きの場合は、死亡保障と医療保障をバランスよくしていればいいと思います。そして貯蓄ができる今だからこそ、住宅購入や将来の為にも貯蓄も考えましょう。もしもうすでに持ち家をお持ちである場合なら、マイホームをローンで返済している場合、団体信用生命保険の加入(住宅ローンを契約した人に万が一のことがあった場合、ローン残金が保険金で返済されるというもので残された家族はローンを払い続ける必要がなくなる)があれば死亡保障金も低めに設定できます。その分、突然の病気やけがの時の入院保障などをしっかりしておくのが安心といえます。 もし女性が専業主婦の場合、死亡保障は必要最小限でいいと思います。その分、女性が妊娠や出産をすると、身体にいろいろな変化が伴ったりすることにより、妊娠、出産をきっかけに医療保険への加入が難しくなったりもしますので、早めのうちに女性は医療保障をしっかりしておくとよいでしょう。

これらのように、夫婦になってその後どうしていくかによっても生命保険のあってほしい保障が変わってきます。夫婦ずっと共働きなのか、いつ頃子供を出産するのか、住宅購入の計画はあるのか、など少しでも若いうちに今後の家族計画に合わせた保険を選ぶことが大切です。

※夫婦になって生命保険を見直すことはとても大事なことです。その際、今まで入っていた生命保険を継続するのか、新たに違う生命保険に入るのかゆっくりじっくり夫婦で話あいが必要ですね。世間では独身時代には生命保険の保険料を親が支払いしていることも・・・そんな時、保険金受取人が親の名義になっているのを変更するかしないかでトラブルになることもあるそうです。大事な生命保険しっかり話あうようにしましょう

生命保険選び方について

このページの先頭へ