イメージ画像

夫婦(子供あり)生命保険の選び方

子供が生まれることにより、生命保険は、見直しする必要があります。子供ができると世帯主の責任はさらに大きいものとなります。家族を守るためにも家族の生活を一番に考え世帯主が亡くなった時に残された家族の生活費や子供の養育費、教育費を用意できるよう、夫の死亡保障をしっかりし、保障期間は子供が独立するまで確実にしておくことが大切です。入院した時には収入も減ってしまうので医療保険をしっかりしておくことも重要です。女性は自分の医療保障をしっかりとしておきましょう。

住宅ローンでマイホームを購入している場合は、生命保険選び方 夫婦(子供なし)の場合と同様、団体信用生命保険でローンが返済されることになりますので、その分死亡保障額を少し減らし、団体信用生命保険ではカバーできない医療保障を充実させるようにしましょう。

このように、子供のいる夫婦は、家族の今後のライフプランや子供の進学のことなども考え準備することも必要ですし、家族の生活を守るために下のお子様が独立するまでのしっかりとした保障を考え準備することが大切です。

※ 子供がいると何かとお金がかかってきます。親としては子供の保障をしっかりしておきたいのはあたりまえ!子供の教育資金は幼稚園から大学まで私立や国公立によってもちがいますが、1人2000万必要とも言われています。そんな資金がかかるということを知ってか知らずか、子供が生まれた時から将来のために早い段階から教育資金の準備をされている方も多いようです。 そうはいっても生活もありますので、保険ばかり入ってはいられないというのも本音。しっかりした保障に入っておきたいけれども生活に負担になりすぎない保険料での保障というのがみな理想だと思います。

生命保険選び方について

このページの先頭へ