生命保険選び方のポイント

自分の保障してほしい主契約をしっかり決める!

自分や家族が必要とする保障が何かを考えます。 簡単に言うとどのような時にもらう保険がいいのかということです。 たとえば、死亡した場合の遺族保障に重点をおきたい人なら定期保険や終身保険、医療保障に重点を置きたい人なら医療保険やガン保険、老後の生活資金を考えておきたい人なら個人年金保険など、どんな時に保険金が受け取れ、保障される期間も違いますので、主な保障をきっちり決めることにより入らなければならない保険が決められます。これらは結婚しているか独身なのか、子供はいるのかなどでも変わってきます。

保険の内容をしっかり把握する!

入りたい生命保険は、いつまでいくらのどんな保障か、そしていくらの保険料をいつまで支払いしていくのか、いくら戻ってくるのかということをしっかり把握しておきたいものです。

生命保険は基本的に、定期保険、養老保険、終身保険の3つにわけられ満期があるかどうか、また満期時に保険金が支払われるかどうかで分けられます。

定期保険の特徴は一定期間の保障だけなので保険料も安くなります。満期になるとその後の保障はなく満期保険金もありません。いわゆる掛け捨てといわれる保険です。終身保険や養老保険と比べて小さな負担で大きな安心が得られるので人気ですが、ある一定期間のみ保障を得たい場合や将来的に保険の見直しをしたい場合にあっています。

養老保険の特徴は一定期間の死亡保障と、満期のときには死亡保険金と同額の保険金をお支払いする、保障に加えて資産形成にも役立つ保険といわれています。保険料も高くなります。

終身保険の特徴は、死亡したときの保障が一生涯継続するタイプの保険です。保険料もある程度高くなります。

自分の希望の保険を無料相談などで比べる

ある程度自分が希望する保険内容が考えられれば、あとは自分が毎月支払いできる予算はどれくらいなのか把握し、それにそっていろいろな保険を比べてみるのがよいです。 比べるといってもやはりいまいち保険についてわからない人や、面倒に感じる方もおられますね。そんな人にも、今、生命保険の無料相談というサービスが増え利用する人が急増してきています。この無料相談などでは、保険会社の人とは違い、保険のプロの人が中立な立場から保険のアドバイスを無料でしてくれるというものです。もちろんしつこく保険を勧めたりすることもなく、今の保険が自分にあっているのか、保険料はもっと安くなるのか、など自分が聞きたいことわからないことがあれば何でも相談できるので、利用するのもいい方法だと思います。今の保険の見直しもちょっとしてみようかという気にもなりますね。

生命保険選び方について

このページの先頭へ